現代サラリーマンの日々刻々

サラリーマンが生きる術を考えます^m^

英会話スクールに行く前にやるべきこと

街中に英会話スクールはたくさんあり、行くならどこに行けば良いのかと迷っている人も多いと思うが、そもそもスクールに行く(=会話の練習に行く)タイミングを間違えている人は多い。僕は必ずしも英会話スクールに行く必要はないと思っているが、行く場合にも行くタイミングが重要である。

ここを間違えると英会話の上達が確実に遅れるか、いつになっても同じレベルのままなので、その点について少し書いてみようと思う。

 目次

 良くある順番ミス

そもそも英会話スクールはその名の通り、”会話 ”を練習しに行くところであって、基本的な文法や、単語を勉強しに行くところではない他にも、なんとなく会話相手に言葉を発しに行けば英語に慣れるであろうという考えの人もいるが、その段階でもまだ行くのは早いと思う。

簡単な例としては、中学や高校時代に、全く数学も英語も予習しないで、当日の授業がさっぱり分からない日々が続いたという人は多いと思う。それと全く同じである。そのような授業に何十万も払うのは非常にもったいないということである。

自己学習の方法

コストをかけて対人の会話 練習をする前に達成すべきこととしては、

①基本的な文法、単語、音読練習はできている

②その上で、自己紹介や、自分の身の回りのこと、仕事などについては、おおよそ

 正確に説明できる

③日常的に英語の読む、聞く、話すの練習ができている

というのは、上記が全くままならない内に実践に出ても自滅して、英語嫌いになるのが落ちだからです。単なる英語勉強のモチベーション維持にスクールに行く方もいれば否定はしませんが、一般的な人の感覚で言えばコスパ、時間パフォーマンスが悪いということになると思います。

ではどうやって①~③を達成するのか?!

方法の一つは、音読を通して基本的な文法、単語の習得と、英語回路の構築になります。音読を行えば自然と単語や、文法は復習せざるを得ない流れになります。その点については過去に一度書いておりますので是非見てみて下さい。

pokopekochan.hatenadiary.jp

 YouTubeを使ってみる

新たに英語の音読・リスニングの方法として、オススメしたいのが、YouTubeを使った方法です。英語関連の動画も企業のものから個人のものまでいろいろあり、僕もかなり色々見てきました。その中でも学習に向いているものは非常に限られています。僕が強くお勧めしたいのが、ココです!

オススメサイト

Hapa英会話

WEBサイトのリンクはココ↓

hapaeikaiwa.com

 

YouTubeのリンクはココ↓

www.youtube.com

何が良いのか?!

先生は完璧なバイリンガル

まず先生のJunさんは日米のハーフで僕が聞く限りほぼ完全なバイリンガルです。日本人がアメリカで数年間留学してきたというレベルではなく、完全なバイリンガルで日本語を完璧にマスターしてる方なので、日本人の学習者が、英語で話すときに困るポイントを見事にテーマアップして解説してくれています。

時間も丁度良い

一回の動画レッスンの時間も数分~10分台ぐらいで集中して聴けて、かつ挫折しないぐらいの時間となっています。

話題が普通に楽しい

正直あまり英語の勉強をするぞ!とならずに聞けるのが良いところです。例えばスタバの注文の仕方を実際に店でやっていたり、アメリカ人にカタカナで話して通じるかを試したり、非常に日本人なら興味のあるところも紹介されています。

リスニングと音読練習ができる

話された内容が画面にでてくるので、気になるフレーズは画面を止めて、自分でリピートすることができるのが非常に良いです。日常的な会話が網羅されており、無駄なテーマの動画もほぼないと思います。

継続が最も重要!

 ともかく、会話して練習できるレベルになるまでに時間は掛かっても良いので、投げ出さないことが重要です。これは人それぞれ異なりますが、自分なりに飽きない方法、いやにならない程度にやることが必要でしょう。ただ、単語や、文法は時間のある時にまとめてたくさんやった方が早く身に付くと思います。

何らかの実用性を持たせればOK

 職場の英語スピーカーと会話する、毎年の海外旅行で使えるレベルが上がるように頑張る、学校・会社のTOEICで点数を確実に上げる。何でも構わないと思いますが、目先の目標を設定することで、完全に投げ出さない状態を作り、数か月さぼってもまた戻ろうという気持ちを持たせると続けられると思います。自分の場合も何度も放置しては、また戻ってとなってあるときにすごく集中して進んだりということを繰り返しています。