現代サラリーマンの日々刻々

サラリーマンが生きる術を考えます^m^

英語のシャドーイングにオススメのYouTuberを紹介する!

僕は日本国内で勤務してますが、半年に一度ぐらいは、海外から日本への出張者の対応をする機会があります。その時にはもちろん、会社で業務上の対応は、主に英語で行うようになる訳ですが、休憩時間、アテンドの移動時間などは、仕事とは直接関係ないことも、雑談的に話すことになります。そのことについて少しだけ書いてみようと思います。

目次

 雑談力は絶対必要

日本で社外の人と話す場面を考えれば、当然のことなのですが、仕事の関係であっても雑談に費やされる時間は結構あります。しかしこの雑談の時間というのは、相手がどんなタイプの人かをお互いに知る機会で、欠かせないことだと思います。

雑談が英語でできるか

ところが、英語で雑談となると、少し難しく電車の中で上手く会話をできていないビジネスマンを良く見かけます。外国からのお客さんの対応をしているので、業務上のやりとりはできるのだろうと推測しますが、仕事と仕事の間の時間の”つなぎ”が上手く行ってないように見えます。僕もこの点は、まだ勉強中な部分が多いですが、最近は少し意識的に雑談を楽しめるように、少し工夫して勉強してます。

飽きずに継続できる方法を採用すべき

これは、何にでも当てはまりますが、語学学習には必ずついて回ることです。業務に直結している単語やフレーズなら集中して勉強する気になるけど、雑談や日常会話となると気力が湧いてこないという人も多いと思います。そこで、僕が続けてやっている方法を紹介したいと思います。

YouTubeは最高に使える

僕はあまり勉強という感じで、英語の勉強をするのが好きではないので、いつも楽しく継続できる方法を取っています。なかでもYouTubeのメリットとしては、飽きずに様々な英語力を鍛えるのに役立つことです。

オススメYouTuber

アンジェラさんのinternationally ME
www.youtube.com

アンジェラさんは日中系のニュージーランド人で、一瞬日本人かと思ってしまうルックスです。番組ではほぼ英語で話してますが、日本語も上手です。

僕がこのサイトを気に入ってるのは、internationally MEでは、日本の各所の面白さを取り上げて英語で紹介しているため、アンジェラさんの話しているフレーズがそのまま、使えるためです。例えば、自分で外国人をアテンドする際にも、日本の名所や文化を説明する機会があると思いますが、そういった際に日本の何を知りたがって、どんな言葉で話せば良いかというのを事前に学べます。

シャドーイングはすべき

YouTube は字幕も出せるので、聴いた音声で自分で話したいフレーズがあれば、一旦止めて自分で読んでみるというのがオススメです。そうすることで、聴いて見たフレーズが自分のものになるので、実際に使用する際にもスムーズに使えるようになります。