笑うサラリーマン

株より仮想通貨に夢中(o´艸`)

投資の潮時はいつか?の決め方

ここ暫く株式市場も、為替も、仮想通貨も大きく値動きしてるので、うはうはの人もいるでしょうけど、寝つきの悪い人も多いのでは?!と思います。

日経平均はここ一か月で、24000円から22000円を割る水準、為替は年明けの113円台から106円台まで円高、我らが仮想通貨市場は、ビットコインが一時60万円台に触れてから、現在は100万円台になってます。

 

ふと思うのですが。。。

まだ年明けてから二か月も経ってないですよw??

 

もう、息切れしている人も多いだろうと思いますが、2018年はこれから春ですので頑張りましょうw

ところで、乱高下しているという事は、投資対象が思わぬ安値で購入できる可能性があるということでもあります。僕もこつこつと株式と仮想通貨(主にBCH)を集めてますが、問題は相場が大きく動く中でいつ売るの??という話。

いやいや、そんなの感でしょ!!

という人も多いと思いますが、売り時が難しく気が付いたら含み益を吹っ飛ばしていたというのはフツーに良く起こる話です。

 

モメンタム投資

僕はこれに尽きると考えてます。

 

これは、投資対象のチャートの上昇トレンドラインを割ったら売る!!という非常にシンプルな方法です。シンプルなため、余計なことを考えずに、実行するのみということです。

詳しくは、広瀬高雄氏の投資情報サイト、マーケットハックにあるのでこちらを読むのが良いと思います。

※ちなみに、サイト自体が投資情報サイトとしてめちゃくちゃオススメです。下手な投資本を本屋で買うぐらいなら、このサイトを見た方が飽きないし、楽しいです)

markethack.net

年明けから2月にかけての株価の上昇は、直近の暴落で一気に吹き飛んだ人も多いと思います。僕も一部は含み損になりましたが、一部は利確しました。

もちろんトレンドを追いかけても急落の一発目は、トレンドを割ったか?!をみるのでそこまでは下がるでしょう。

けど、いづれ戻るから放置!!

ガチほ!!

というのは市場の原理とは全く関係のない、個人の理屈なので、その後塩漬けになる覚悟が必要です。塩漬けを望む投資家はいないはずだし、早期に損切りや利確をすればその後のチャンスに備えることができるはずです。

右肩上がりでゆっくり上がる相場ではなく、大きく上下に振れる環境では特に利確、損切りをいつするか?というのはパフォーマンスに大きく影響しそうです。

仮想通貨市場も徐々に落ち着いてきて、一時の急落から二倍ほどに回復してきているところを見ると、購入者は根本的に諦めてはいないように思えます笑

今後数か月では、マイニングマシンの新型が登場したり、より決済手段として導入が進んで実用化が目に見える形で出てくるはずです。元にちらほら結果が出始めてます。 

月衛とぶ蔵@仮想通貨[BCH] on Twitter: "衝撃!!!! 世界最大のショッピングプラットフォームShopfyで #BCH 決済可能に!!! PAYPALみたいな決済を可能にするコインベースコマースが始動した😱… "

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で