笑うサラリーマン

株より仮想通貨に夢中(o´艸`)

医療もオンラインの時代

住友商事がオンライン診療事業へ参画とのことで、すごく期待してます。医療は他の事業と比較して最も古い文化を持っている分野の一つだと思ってます。これを機に、医療サービスの質と、ダメな医療の淘汰がされるような方向に向かってほしいです。

オンライン診療事業への参画について:時事ドットコム

www.jiji.com

医師には一度なったら一生安泰という甘えが非常に強く残っていると個人的には思います。ゆえに、個人の開業医、歯医者で信じられないぐらいいい加減な診察をする医師に出くわすことがこれまでに何度もあります。自分の考えが全てというような態度の意思もそこそこいると思います。

これは医療の世界に市場の原理が正しく働いてないから成り立つわけで、医療も質の高い提供者は生き残り、患者の役に立たない医療は廃れるべきだと思います。

廃れるだけでは、医療に支障がでるので、質の高い医療にアクセスできる体制がひつようです。その第一歩がインライン診療になると思います。診療がオンラインになると遠くの医師にアクセスできるだけではなく、医療情報の電子化、共有化も促進されると思います。

現状では、医療の診察データは病院に蓄積され、他の病院ではまた同じようなことを説明するという非常に非効率な状態がまだ一般的です。これを解消すれは、診察時間の短縮、分析費用の低減、セカンドオピニオンの促進等が進むと思います。

医療の改革は日本の財政を考えても、早急に進めるべき分野なので、期待してます。